ノロウイルスを理解しよう

はじめに

ノロウイルスの知識について

ノロウイルスという言葉を聞いたことはあるでしょうか。最近はこの言葉を聞く機会が増えたのではないかと思います。一昔前までは全くこういったことは聞かなかったのですが、ニュースが盛んに報道されるようになってからはずいぶん一般に普及したのではないかと思います。そもそも、ノロウイルスというものは、1972年の時点で存在自体はあきらかになっていました。そして、その後研究が進み、2002年にノロウイルスという名前が定着したのです。

基本的にこのノロウイルスというものは、人間にとっては害のあるものでしかありません。それは、急性胃腸炎というものを引き起こしてくれるからです。急性胃腸炎になってしまうと、下痢や嘔吐などで苦しむことになります。これは非常にやっかいなものですので、かかりたくは無い病気だといえるでしょう。しかも、このノロウイルスによる感染症は冬によく発生しますが、年間を通して感染するウイルスなのです。なので、いつでも感染の危険性はあると思っておいたほうがいいでしょう。

普通の風邪もこじらせると肺炎などになってしまうこともあり、怖い病気だと言えますが、ノロウイルスによる感染症も同じようなことがいえます。急性胃腸炎をそのまま放っておくと、やはり取り返しのつかないことになるかもしれません。そして、厄介なことにこのノロウイルスは何度でも感染する可能性があるのです。

風邪は一年に一回かかったらなかなか次はないものですが、ノロウイルスの場合、遺伝子型がたくさんあるので、その種類だけ感染してしまう可能性があります。また、免疫の持続時間が短く、一度かかったからといっても、これでもう安心だ、ということはありませんので、しっかりと予防のための対策を練ることを考えないといけません。

自分の身体ですから、常に健康でいられるように、しっかりと自己管理が出来るようにしていくべきであると思います。ここでは、ノロウイルスについてしっかりと知識を得てみましょう。

スポンサードリンク